News


長崎県佐世保市ハウステンボス町にて設計監理を進めて参りました、変なホテルハウステンボス サウスアームがオープン致します。全56室の和室タイプの客室棟になっており、デラックスタイプ、スーペリアタイプの2種類の客室が増床されます。

環境に配慮した中規模木造建築のこのホテルはBIM(ビルディングインフォメーションモデリング)により設計・施工管理が進められ、さらにはBIMモデルのFM(ファシリマネジメント)の応用を視野にいれた計画となっています。

また、顔認証システムを利用した施設管理の進化、超薄型太陽光発電シートの実装実験、温湿度を測定するRFIDタグを利用した施設維持管理など次世代を見据えた様々な取り組みを行っております。

「究極の生産性」を追求する変なホテルの進化にご注目ください。



https://kenkou-kenchiku.jp/



9/4~6の期間で東北大学にて実施された『2018年度日本建築学会大会[東北]』で下記の6報を発表しました。引き続き、多様な視点から建造環境と行動・健康に関する研究を推進していきます。

寮環境と行動・健康に関する研究から3報

  • 社員寮で共同生活する若手社員の健康とワーク・エンゲイジメント その1:食行動は若手社員の健康と関連するか?

  • 社員寮で共同生活する若手社員の健康とワーク・エンゲイジメント その2:社員寮においてひとりの時間を確保できていることは、社員の主観的健康観と関連するか?

  • 社員寮で共同生活する若手社員の健康とワーク・エンゲイジメント その3:寮内での学習・自己研鑽の影響と職場のワーク・エンゲイジメントの関連

オフィス環境とワーク・エンゲイジメント研究から3報

  • オフィス環境はワーク・エンゲイジメント,健康,行動にどのように影響を及ぼすか? その9:1年後の心理ストレスと人の声・視線への意識との関連

  • オフィス環境はワーク・エンゲイジメント,健康,行動にどのように影響を及ぼすか? その10:自席の天井高さ・パーティションの高さ・物品の量と自席の環境との相関分析

  • オフィス環境はワーク・エンゲイジメント,健康,行動にどのように影響を及ぼすか? その11:ワーク・エンゲイジメントに影響を与える休憩行動についての1年間縦断調査


Recent Posts
Follow Us